仕事と育児・家庭の両立支援

子育てしやすい職場環境づくり / 企業・団体の取組事例

一般事業主行動計画を策定した企業へ訪問しました【センターフィールド株式会社】

2015.01.19

 次世代育成サポートアドバイザー派遣事業を利用して一般事業主行動計画を策定した企業へアドバイザーが訪問し、取組の進捗状況の確認や目標達成に向けたアドバイスをしています。


【訪問企業】    センターフィールド株式会社(秋田市) サービス業
【アドバイザー】  藤村 貴 社会保険労務士

【行動計画策定後の主な進捗状況】

◆策定した行動計画はこちら

目標1及び目標2については、チラシの代わりに母性健康管理に関するパンフレットを配付。こ
れを資料として、法に基づく育児休業やその間の社会保険料免除制度の説明を社員に行った。
目標2及び3については、平成27年度からの検討となっているが、前倒しで検討を始めてい
る。

 

【行動計画策定後に実感したメリット・意識の変化】

<経営者>子どもの体調を理由にした欠勤や早退等は増える傾向にあるが、社員同士でフォロ
     ーしあう意識も感じられるようになってきた。

<従業員>子どもの体調が悪い時など、欠勤や早退を頼みやすい雰囲気になってきているため
     助かっている。急な勤務変更は周りの人に迷惑をかけるが、お互いさまという意識
     が少しずつできてきたように思う。

 

【これから両立支援に取り組む企業へのアドバイス

子育てと仕事を両立できる環境を構築するためには人件費等のコスト増になることは間違いな
いが、労働環境や雰囲気の改善などにより社員の定着率がアップするなど、かかったコスト以上のメリットが感じられる。

 

【一般事業主行動計画】

センターフィールド株式会社 一般事業主行動計画

 従業員が仕事と子育てを両立させ働きやすい環境をつくることで、すべての従業員がその能
力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間 平成25年11月1日~平成28年10月31日までの3年間

2.内  容  目標1:妊娠中の女性社員の母性健康管理についてチラシを作成して社員に配
            付し
制度の周知をはかる。

       <対策>平成25年11月~  社員のアンケート調査をもとに検討開始
          
 平成26年 2月~  チラシを作成し社員へ配付
         
  平成27年 2月~  制度の検証

        目標2:産前産後休業や育児休業、育児休業給付、育児休業中の社会保険料免
            除などの制度の周知や情報提供を行う。

       <対策>平成27年 5月~  法に基づく諸制度の調査
           
平成27年 8月~  チラシを作成し社員へ配付
          
 平成28年 9月~  諸制度の活用実態などの検証

        目標3:子どもが保護者である社員の働いているところを見ることができる
           「こど
も参観日」を実施する。

       <対策>平成27年 2月~  実施方法の検討開始
         
  平成27年 8月~  参観日の実施、社員アンケートによる検証

関連情報