県民会議

ベビーウェーブ・アクション会長表彰

平成26年度「ベビーウェーブ・アクション」会長表彰 表彰式を行いました

2014.12.16

 平成26年10月17日(金)、ホテルメトロポリタン秋田で、第2回「脱少子化ウェーブを巻き起こす行動県民会議(ベビーウェーブ・アクション)」を開催しました。

 

平成26年度 ベビーウェーブ・アクション会長表彰 表彰式

 ベビーウェーブ・アクション会長表彰は、少子化克服のモデルとなる取組を行っている企業・団体などを表彰することで、県内における脱少子化の気運を高めるとともに、他の企業・団体への波及を図り、県内の高校・大学生等へ就職する際の企業情報としてPRしていこうとするものです。

 今年度も、「若者の県内定着」や「出会いと結婚の促進」、「出産と子育て環境の整備」に取り組む23の企業や団体などが表彰され、ベビーウェーブ・アクション会長の佐竹知事から表彰状が授与されました。

 

 

◇ 受賞者の一覧や取組の内容についてはこちら

 

ベビーウェーブ・アクション会員の取組紹介

 ベビーウェーブ・アクションでは、昨年度宣言された「ベビーウェーブ・アクション」行動宣言に基づき、会員それぞれが脱少子化に向けた実践行動を行っています。

 その初年度となる今年度は、学生の会員延べ27人の皆さんが子育て応援イベントでのブース出展に率先して協力してくれました。会議では、7月26日、27日に開催されたそのイベントでの奮闘ぶりを、参加した学生を代表して国際教養大学学生会の横井さんと西野さん、秋田公立美術大学学生会の野呂さんと泉さんに紹介していただきました。

 

 

 

 また、子育てしやすい職場環境づくりを進めるためのきっかけとして、従業員の子どもを職場に招く「子どもお仕事参観日」の実践例を、会長表彰を受賞した株式会社最上田組の藤原さんから発表していただきました。

 

関連情報