県の取組

広報・啓発 / その他

中学生の視点から見た少子化―第35回少年の主張秋田県大会・最優秀賞 受賞作品の紹介

2014.01.28

 平成25年9月25日(水)、第35回少年の主張秋田県大会が秋田市立山王中学校を会場に開催されました。
 県内の各地区大会出場者から選抜された13名の中学生が、地域、学校、家庭などで体験したこと、日頃考えていること、将来の夢や提言などを発表しました。
 その中で、最優秀賞を受賞したのは、湯沢市立雄勝中学校3年・藤谷成仁さんの『未来をともす「心の灯り」』です。
 藤谷さんが実体験にもとづき地元の少子化の進行を捉え、問題意識を持ち、ふるさとの未来に向けた提言を行っています。
 若者が抱く少子化に対する実感が伝わってくる文章を、ぜひご覧ください。

 『未来をともす「心の灯り」』湯沢市立雄勝中学校3年 藤谷成仁さん
http://youthnet-akita.com/pdf/2013_winner.pdf

 第35回少年の主張秋田県大会
http://youthnet-akita.com/assertion/2013/

関連情報