市町村の取組

交付金事業 / 子どもの国づくり支援事業

市町村子どもの国づくり支援事業から~にかほ市子育てサロンサークル「まんまぁる」を紹介します~

2013.09.26

 県では、市町村に対して「市町村子どもの国づくり交付金」を交付し、市町村の少子化対策事業を支援しています。
 交付金を利用した市町村の事業のうち、にかほ市の子育てサロンくらぶ「まんまぁる」育成事業の様子をご紹介します。

 にかほ市では、「子育てしながら、趣味講座を楽しみたい」、「親子で交流し、友達の輪を広げたい」という方たちを対象に学びの機会を提供し、子育ての悩みやストレスを解消するとともに参加者同士で情報交換できるよう、サロンを開設し、自主的なサークルが育つよう支援しています。

 平成25年9月18日(水)、にかほ市金浦公民館での「まんまぁる」の活動は、「クルクル トントン♪和みアート」です。和みアートは、粉末状にしたパステルを、指でクルクル トントンと伸ばして自由に絵にしていきます。
 始めに、講師の方から「絵を描くのが苦手な人も簡単にできるので、みんなで楽しんでやりましょう。」とお話があり、実演を交えた描き方の説明がありました。
 和みアートのおもしろいところは、同じ色を使って同じように描いても、その人の指の圧力や温度によって様々な色ができるので、それぞれ違う作品ができることだそうです。
 

 
 さっそくお母さん方も作品を制作!!


 最初は戸惑いながらだったお母さんたちですが、色を決めて作業し始めると、集中してクルクル トントン。
 その間、子どもたちは別の広い和室で、保育サポーターの人たちとのびのびと遊んでいました。

 

 

 時折、別室で遊んでいる子どもたちの泣き声が聞こえると、「うちの子かな」と心配そうに話すお母さんたち。でも、泣き声はすぐに聞こえなくなり、お母さんたちは、作業しながら、普段の子どもの様子を話し合っていました。

 
 

 今回は、”ニコちゃん”と”幸せくじら”を作成しました。
 あっという間に時間は過ぎましたが、それぞれかわいらしい素敵な作品ができ、お母さんたちも、他のお母さんと交流できる時間を持つことができ、リフレッシュした様子でした。

「まんまぁる」では、月1回程度、託児付き、あるいは親子で参加できる講座を開催し、お母さんたちが子育てについて情報交換できる場づくりをしていますが、講座以外でもお互いの交流を深めて、友達の輪を広げているようです。

 開催予定はにかほ市ホームページに掲載されますので、お近くの方は、ぜひご参加ください♪
http://www.city.nikaho.akita.jp/life/detail.html?id=1632
 

 

関連情報