企業・団体の取組

ファンド助成事業紹介

「親子でパティシエ!」が開催されました!(秋田県菓子工業組合青年部)

2011.01.29

 ~少子化対策応援ファンドを活用した民間団体等の取組を紹介します~ 

平成22年11月13日~14日に秋田まるごと市場で開催された「秋田県お菓子フェスタ2010」において、少子化対策応援ファンド事業に採択された秋田県菓子工業組合青年部主催による「親子でパティシエ」が行われました。

 このイベントは「見て、触れて、食べて」と楽しく親子で一緒の体験メニューを通じて、親子の触れあいを促進するとともに、子どもに大人気のパティシエという職業に触れる機会をつくり、子どもの仕事に関する関心を高めよう!と開催されました。

 挑戦するのは、五城目町産きいちごを使ったロールケーキです。お菓子の「プロ」から作り方を教えてもらいます。

   

 ロールケーキはクリームを横縞模様に絞り、きいちご(フルーツ)をのせて巻いて作ります。慎重に・・大胆に・・子どもたちは思い思いにチャレンジしています。楽しそう。みんな上手にできていました(拍手!!)

  

子育て中の家庭では、準備が大変だったり、時間に余裕がなかったり・・と親子でお菓子づくりをする機会も少なかったりしますが、プロから教えてもらいながら簡単に楽しくできる今回のイベントはいい機会となったようです。

そして・・・・

出来上がったロールケーキはお家に持ち帰りました。家族みんなで食べるひとときもまた、楽しかったのではないでしょうか。『自分が一所懸命作ったケーキを家族が“おいしい”と喜んでくれた~』という経験は子どもにとっては、まさにパティシエ気分♪だったと思います。「またやりたい、明日も行く!」と盛り上がっていたお子さんもいたそうです。子育て中のパパ・ママにとっても、このような機会がたくさんできるといいですね。

 

関連情報