企業・団体の取組

協定締結団体等の取組紹介

子どもの国づくり推進協定締結団体の取組について 『県庁食堂』

2013.06.18

「子どもの国づくり推進協定」を締結している企業・団体から『県庁食堂』(県庁地下1階)の取組を紹介します。

「子どもの国づくり推進協定」とは、少子化対策に取り組む企業・団体がその取組をベビーウェーブ・アクションとの協定書の形で「見える化」することで脱少子化運動の拡大と気運づくりを進めようとするものです。

(※ベビーウェーブ・アクション・・・正式名称「脱少子化ウェーブを巻き起こす行動県民会議」。行政、経済界、マスコミや子育て支援団体等で構成する少子化克服に向けた県民運動の母体で、会長は佐竹知事。)

 

『県庁食堂』でも、「子どもの国づくり推進協定書」が利用者にも見えるよう食堂内に掲示されていて、「少子化をテーマとする県民への啓発・広報活動」や「求職者のトライアル雇用の積極的受け入れ」など、取組内容が書かれてあります。
啓発の一環として、県の少子化対策関連のポスターも貼っていただいています。
 

子育て中の従業員の方も働きやすい職場づくりに取り組んでいる『県庁食堂』ですが、お子さん連れのお客さんにも嬉しいサービスがあります。
県の「子育て家庭優待事業」の協賛店として、お子さん同伴でご来店され、「あきた子育てふれあいカード」を提示してお食事された方は、ミルクのお湯の提供、ライス大盛りサービス、またお子さんはドリンクサービス、大人の方はコーヒーサービスが受けられます。
子ども用の椅子の用意もありますし、お店の方もとても優しい方々ばかりです♪

『県庁食堂』の具体的な取組は、以前にもご紹介しておりますので、下記リンクからご覧ください。

 

ご来庁の際にホッと一息。
お子さんと一緒にいかがでしょうか♪

 

《リンク》

○増えています!「子どもの国づくり推進協定」締結の企業・団体 詳しくはこちら

○有限会社 県庁食堂の取組についてはこちら

○あきた子育てふれあいカードについて詳しくはこちら  
 

関連情報