子どもの国づくり推進協定

子どもの国づくり推進協定

「子どもの国づくり推進協定」締結数が3,000件を超えました!

2013.06.13

 平成25年5月末までに、「子どもの国づくり推進協定」を締結した企業・団体数が3,025件となり、企業・団体が行う少子化克服に向けた取組の輪が広がってきています。
 少子化に関心がある、既に対策に取り組んでいる、そしてこれから取り組もうとしている企業・団体のみなさま!「子どもの国づくり推進協定」に参加し、自分たちのできることから少子化対策に取り組みませんか。

→各企業・団体の取組についてはこちらからご覧いただけます。


 

<子どもの国づくり推進協定とは?>

 企業・団体等が行う「県内への若者定着」、「出会い・結婚支援」、「出産・子育て支援」、「仕事と育児・家庭の両立支援」などの取組について、少子化克服に向けた県民運動の母体である「脱少子化ウェーブを巻き起こす行動県民会議(通称:ベビーウェーブ・アクション、会長:佐竹知事)」と「子どもの国づくり推進協定」を締結することにより、「見える化」しています。
 協定を締結した企業・団体には、額縁付きの協定書を送付しており、従業員や県民の目の届くところへ掲示していただくことで、自社の取組のPRと、脱少子化に向けた気運醸成にご協力いただいています。
 

                   【協定書見本】
           

→子どもの国づくり推進協定についてはこちらをご覧ください。


 

関連情報