子どもの国づくり推進協定

協定締結団体等の取組紹介

釈迦内サンフラワープロジェクト実行委員会(大館市立釈迦内小学校)がひまわり油の販売を行いました!

2012.12.17

 12月17日、大館市立釈迦内小学校の子どもたちが、地域のみなさんと協力して作った「ひまわり油」を県庁地下通路で販売しました!

 大館市釈迦内地区は「ひまわり油」を地域一丸となって生産している地域で、今年は少子化対策応援ファンド助成事業により「釈迦内サンフラワープロジェクト実行委員会」主催で「ひまわりサミット」を開催しています。

 12月1日、釈迦内小学校で開催された「ひまわりサミット」では、ひまわりを中心に活動している横手市立浅舞小学校や由利本荘市立矢島小学校等を招いて、各小学校が行っている取組についての発表を行い、子どもたちが自分たちの住む地域の将来について理想を育み、理解を深めました。

 また、 保護者や地域住民、行政・教育関係者も参加して、地域全体での子育ての重要さや家族の絆の大切さを再認識する機会となりました。

 

     

 今日販売していたひまわり油は、完全無添加、一番絞り、ビタミンEが豊富で、子どもたちの考えたオリジナルレシピ付きです。

 昨年度から本格販売がスタートした「釈迦内ひまわり油」、今年度は50ml~200ml(400円~1200円)の7種類のビンで販売します。

★★県内各地域振興局の消生協売店でも本日より販売がスタートしています★★

 

釈迦内サンフラワープロジェクト実行委員会はこちら

関連情報