企業・団体の取組

協定締結団体等の取組紹介

相愛保育園の取組はこちら

2011.12.06

 横手市の相愛(そうあい)保育園では、地域の親子を対象に「相愛っこ広場」という子育て支援の日を月2回(木曜日)実施しています。
 この日は、在園児が畑で収穫したさつま芋で「焼き芋パーティ」が開かれ、10数組の親子が園児たちと一緒に歌を歌ったり、焼き芋を食べたりと楽しい時間を過ごしました。
 また、焼き芋パーティーの後は、看護師による保護者の健康チェック(血圧測定)と健康相談や栄養士による「幼児の肥満予防と改善」について食事指導が行われました。

  

 「相愛っこ広場」は、「子どもが喜ぶ遊びは?」「こんなときどうすればいいの?」といった子育てに関する相談など、お母さんたちの子育ての応援隊として自主的なお手伝いを始め3年になったそうです。
 また、県の子育て創生事業を利用して絵本・育児書の貸出や交流タイム(喫茶室)があり、普段交流を持つ機会が少ないお父さん・お母さんへ、コーヒーを飲みながら相談や悩みを気兼ねなく語り合えるよう交流の場として提供しています。
 「子育てに関する不安を取り除いたり、子どもを安心して預けられる環境を作ることで脱少子化に繋がれば・・・」と萱森園長がその取組をお話してくれました。

 

 同園は、「子どもの国づくり推進協定」にも参加し、「学生のインターンシップの積極的受け入れ」や「出産や子育てがしやすい環境づくり」などの職員の働き方を含めて、地域貢献活動を推進しています。

相愛保育園については、こちら
 

関連情報