子どもの国づくり推進協定

協定締結団体等の取組紹介

イタリアントマト カフェジュニア 秋田アルヴェ店の取組はこちら(平成23年3月3日)

2011.03.23

Q少子化対策の取り組みを教えてください。

A 秋田県の子育て家庭優待事業「あきた子育てふれあいカード」に協賛しています。また、子育てを頑張っているお母さんを積極的に雇用しています。
 
Q子育て中の方を積極的に雇用されているとのことですが。
A現在、小さい子供がいる従業員が約半数で、子供のことで職場に迷惑をかけてはいけないという意識があるからか、強い責任感を持ってお店に貢献してくれています。例えば、シフトに入っていない日でも、「お店が忙しい時には働きますよ」と自発的に申し出てくれる従業員もいます。
また、子供の学校行事などで休むこともありますが、従業員の半数が子育て中なので、お互いの事情に理解がありフォローしあっています。従業員同士で、イベント、習いごとや相談など、子育てに関する情報交換をしています。
 
Q「あきた子育てふれあいカード」の利用状況はいかがですか。
A毎日数名のご利用があり、土日は利用する方が多いです。お子様にジュースを割引するなどのサービスを行っています。今後、お客様の要望を聞きつつ、特典を考えていきたいと思っています。来店されたお客様に、ふれあいカードを勧めていますし、アルヴェに入っているテナントさんにふれあいカードへの協賛を勧めています。ふれあいカードは子育て家庭を応援する事業ですので、広まっていけばと願っています。
 
Q少子化対策へのお考えをお聞かせください。
Aふれあいカードの協賛や、ベビーウェーブアクションのスギッチのマスコットも店内に飾っていますので、「子育て家庭を応援しているお店」ということが伝わればと思います。今後も少子化対策へのお手伝いができればと考えています。エコバッグが受け入れられているように、少子化対策もこれから浸透していくのではないでしょうか。
子育てをしているお父さん、お母さんが、経済面で不安がなくなり、家庭が元気になれば秋田の経済も元気になると思います。また、家庭が明るければ子供は増えていくのではないかと思います。

 

関連情報