企業・団体の取組

協定締結団体等の取組紹介

太平山観光開発株式会社の取組はこちら(平成23年2月22日)

2011.03.22

 

Q少子化対策の取組内容を教えてください。
A 「少子化対策応援ファンドへの募金協力や同ファンドを活用した事業の実施」や「学生のインターンシップの積極的受け入れ」などを実施しています。今後は育児休暇のサポートや出会いの場などのイベント開催などの実施も検討しています。週末にご家族が楽しめるようなイベントをどんどん開催し、お客様が絆を深めて楽しんでいただけるようにこれからも頑張っていきます。
 
Q少子化対策に取組むきっかけは何ですか。
A最近初めて育児休暇を取得した社員がいまして、それが大きなきっかけとなりました。
今まで育児と仕事の両立との不安があって取得できなかった社員もいると思いますが、職員の仕事と家庭の両立に対する満足度の向上などが会社の活性化やプラスにもなると考えましたので、今後育児休暇も取りやすい環境をつくろうと考えています。
Q休暇を取りやすい環境づくりの目標を教えてください。
A育児休暇を取得した社員は、今年4月に復帰する予定です。復帰してからすぐに以前のように通常業務を行ってもらうのは難しいと思いますので、短時間勤務や子の看護制度、看護休暇など、育児を支援する制度を提案し会社全体でサポートしていけたらと思っております。
 
Q学生のインターンシップの受け入れの内容を教えてください。
A体験学習がメインですが、市内外の中学生の依頼により忙しくない時期に受け入れをしています。
中学生に実際に業務を体験してもらい、将来の就職に対する心構えや興味を持ってもらえればと思い、できる限り体験学習を受け入れています。
また、体験学習とは別に、自主事業として、キッズクラブというものを設けています。小学生以下の子供さんとお父さん、お母さんが一緒に参加してもらい、田植えや花壇づくりなど農業体験をしてもらっています。
 
Q県の少子化対策応援ファンドのサポーターパスポート優待施設や秋田市で行っている在宅子育てサポートクーポン券の内容を教えてください。
A少子化対策応援ファンド事業のサポーターパスポートを利用すると、現在、クアドーム・ザブーンの入館料が100円引きです。今後は、公園内各施設での割引の実施も検討していまして、利用されるお客様が増えてくれたらと思っています。
この他にも、秋田市で市民の方に配布している「在宅子育てサポートクーポン券」は、その受け入れ施設にザブーンが入っています。夏場などには親子連れでご利用いただいています。
 

関連情報