企業・団体の取組

協定締結団体等の取組紹介

株式会社 寒風の取組はこちら(平成22年12月16日)

2010.12.24

 

Q少子化対策の取り組みを教えてください。

A産休、育児休暇や、休暇からの復帰、ノー残業デーなどの子育て支援制度を設けています。長期間の休暇を取得しても待遇が変わることなく復帰することができます。また、休暇も30分単位で取得できますので、学校行事などにも参加しやすくなっています。それ以外では独身社員の結婚を奨励して、少子化対策に取り組んでいます。

 

Q取り組む「きっかけ」や背景を教えてください。

A当社事業の中には公共事業もありますので、良い仕事をして社会に貢献し、お返ししたいと考えています。

そのためには、社員には家庭を持ってもらい、生活の基盤をしっかりする事が、良い仕事につながると考えていましたので、以前から子育て支援制度を整えていました。

また、「こどもの国づくり推進協定」に参加することが、子育て支援制度などの就業規則に対する、社員の認識を深める機会になると考えています。

 

Q社員の方の子育て支援制度の利用状況はいかがですか?

A出産や子育て時には休暇制度を利用する社員もおりますし、子育てに限らず、家族の介護の為に休暇を取得する社員もいます。社長を始めとした社員が、休暇を取りやすい雰囲気作りをしてくれるので、子育て制度の利用者からは助かっているとの声があります。男性社員の育児休暇取得の実績はまだありませんが制度は設けてあります。

 

Q独身社員の結婚を奨励しているとのことですが、具体的にはどのようなことを取り組んでいますか?

A独身社員には、あきた結婚支援センターのポスターの掲載や口頭での周知をしています。

特に40歳以上の結婚を応援するため、結婚した社員と結婚相手を紹介した社員に、お祝いとしてそれぞれ奨励金を支給しています。紹介者にも奨励金を支給するのは、独身社員の結婚について協力してもらい、本人だけではなく周囲の人にも、少子化対策への取り組みの認識を深めてもらう狙いがあります。

 

Qこれから少子化対策で取り組みたいと考えていることはありますか?

Aこれまでも必要に応じて随時対応してきましたので、改めて「少子化対策」とは構えていませんが、当社業務の性質上、異性との出会いの場が少ないとも思います。社員を講習会などの行事に送り出して、人と交流してもらう中で、自然な流れで出会いにつながればと考えています。

 

 

関連情報