県の取組

県政の運営指針

第2回脱少子化部会が開催されました

2012.07.27

 7月25日(水)、ルポールみずほで平成24年度秋田県総合政策審議会 第2回脱少子化部会が開催されました。

 

 第2回部会 

 

 今年度の脱少子化部会では、新規学卒者の県内就職の促進などの「若者定着」及び「仕事と育児・家庭の両立支援」を重点的に検討することとしていて、今回の部会では、この2つのテーマについて、活発に意見交換がなされました。

 例えば、「若者定着」では、インターンシップや職場体験などに参加してその産業に参入してきても、必ずしもその経験が活かされず、実際に働くことは全然違っていたり、ほかにも企業がたくさんあるので、幅広く見ておきたかった、などと悩む現状がある、といった意見が出ました。
 また、「両立支援」では、ワーク・ライフ・バランスの推進に携わっている委員から、企業はワーク・ライフ・バランスの大切さをわかっていて、講座にも参加したりしているが、実態がついていってない現状なので、粘り強く進めていく必要がある、といった意見がありました。

 

 今後の脱少子化部会では、これまでの意見等を元に、さらなる施策の推進に向けて「提言書」を取りまとめていく予定です。

関連情報