県の取組

広報・啓発 / その他

毎月第3日曜日は「あきた家族ふれあいサンサンデー」!

2012.01.17

 

■ 「あきた家族ふれあいサンサンデー」  毎月第3日曜日

  • ●仕事と家庭・生活の両立・調和は、核家族化が進み仕事に追われる現代人の一大テーマ。「あきた家族ふれあいサンサンデー」は、もっともっと家族がふれあう機会を持ちましょう、という県民運動です。
  • ●家族が集まり、見つめあい、思いあい、話しあい、協力しあう。意思疎通、融和をはかり、家族の絆を太くする。家庭は子供を育む大切な愛情の場です。どうぞ家族のふれあいを大事にしてください。
  • ●家族のふれあいに役立つサービスを紹介します。詳しくは「関連情報・リンク」の各項目をご覧ください。

 

  • ★第3日曜日を中心とした公共施設の割引等サービス → 「あきた家族ふれあいサンサンデー」
  • ★少子化対策応援ファンド協賛定期預貯金者限定!「サポーターパスポート」の公・民施設割引等サービス → 「サポーターパスポート優待利用施設について」
  • ★中学生以下の子供、または妊婦さんのいる世帯への公・民施設の優待サービス → 「あきた子育てふれあいカード事業」

 

関連情報

リンク

 

■「家庭の日」

  • ●「家庭の日」運動は、昭和30年に、鹿児島県の鶴田町(つるだちょう 現さつま町)で、「家庭を大切にしたい」という思いと「農休日を設けては」という取組から始まりました。
  • ●その後運動は広がり、昭和41年5月に青少年育成国民会議が発足し、全国的に取り組まれるようになりました。
  • ●秋田県では、昭和39年6月に、秋田県児童福祉審議会の答申を受け、昭和39年11月に、都道府県としては全国で初めて「家庭の日」を制定し、昭和40年1月からこの運動を展開しています。
  • ●現在は、「家庭の日」から「あきた家族ふれあいサンサンデー」と名を変えて、社会体験や様々な活動を通して、家族のふれあう機会を増やすことを目的に運動を推進しており、毎月第3日曜日に公共施設の一部について割引等のサービスを設定するなどしております。※「関連情報」参照

 

■「家族の日」   11月第3日曜日

■「家族の週間」  「家族の日」の前後1週間

  • ●国では、「新しい少子化対策について」(平成18年6月20日少子化社会対策会議決定)等に基づき、「家族・地域のきずなを再生する国民運動」を開始しており、多くの人に、子育てを共に喜び支え合う家族のすばらしさ、家族を支える地域の力を再認識してもらう意識改革の運動を行う日・週間として、平成19年度に、11月の第3日曜日を「家族の日」、その前後各1週間を「家族の週間」と定め、地方公共団体の「家庭の日」など、各主体が実施する事業との連携・協力を通じて、国民に呼びかけています。

 

リンク

 

 

関連情報