スクールランチメニュー

チンゲン菜のツナ和えと寄せ豆腐汁

印刷する

※材料は、すべて1人分(大量調理用)です。家庭用より調味料が少なめになります。
チンゲン菜のツナ和えと寄せ豆腐汁
チンゲン菜のツナ和え
材料(1人分)
チンゲン菜 40g
ツナ缶詰 10g
にんじん 5g
しょうゆ 2.6g
ごま油 0.1g
白砂糖 0.1g
レモン汁 0.3g
作り方
1. チンゲン菜は適当な大きさに切ってゆで、冷水で冷やし絞っておく。
2. にんじんはせん切りに切って、ゆでて冷ましておく。
3. ツナ缶詰は汁けをきり、レモン汁をかけておく。
4. 調味料を合わせ、1.~3.を加える。
寄せ豆腐汁
材料(1人分)
若鶏肉 10g
寄せ豆腐 70g
干ししいたけ 1g
長ねぎ 6g
おろししょうが 0.2g
出し昆布 2g
しょうゆ 8g
みりん 0.2g
作り方
1. 出し昆布でだしをとる。(煮たたせないで、昆布を鍋からあげる)
2. 若鶏肉、もどした干ししいたけを入れる。
3. 寄せ豆腐をお玉で一口大にすくっておく。
4. 寄せ豆腐を鍋に入れる。
5. 調味料を入れる。
6. 小口切りした長ねぎとおろししょうがを入れる。
-寄せ豆腐汁- おばあちゃんのまめちしき
寄せ豆腐汁 能代地域では人が集まる時には、自分の家の大豆を摺り、大きな器に寄せ豆腐をたくさん作って豆腐汁を作りました。だしは昆布と干し椎茸ですが、汁より豆腐が多いのが特徴です。精進料理としては欠かせないものでした。



レシピ検索

サイト内で公開中のレシピを検索!