あきた産デーレシピ

山の芋鍋

印刷する

 
 
 
11月の旬レシピ

 山の芋鍋

 紅葉も見頃を過ぎ、間もなく冬支度の季節を迎えます。県内各地では、あきの収穫祭などが開かれております。様々な食材や、地域の特産がたくさん並んでいます。いろいろご覧になり、食してみてはいかがでしょうか?
 そして、鍋物のおいしい時季になりました。今回は「山の芋」をご紹介します。
 今回は、「きりたんぽ
鍋」のように、しょうゆ仕立てにしておりますが、みそ仕立てにしてみてもおいしいです。また、鶏肉の変わりに、豚肉でもおいしいので、ぜひ、お試し下さい。
材料と分量(4人分)  
山の芋鍋
山の芋 2個
鶏もも肉 120g
ごぼう 40g
糸こんにゃく 80g
舞茸 120g
油揚げ 1枚g
せり 適量
ねぎ 80g
30cc
しょうゆ 100cc
少々
鶏ガラ 1羽分
1リットル
「山の芋鍋」
1) ごぼうは「ささがき」、ねぎは「ななめ切り」にします。糸こんにゃくは湯通しをし、2~3cmに切る。油揚げは、油抜きをして食べやすい大きさに切ります。
山の芋は、よく洗い、皮をむきます。
2) 皮をむいた山の芋を、すりおろします。おろし金は目の細かいもの、またはすり鉢を使用すると、なめらかな舌触りになります。
3) 鍋に水と鶏ガラを入れて(アクを取りながら)ダシをとります。鶏ガラを取り出して、鶏肉とごぼうを入れて煮ます。
糸こんにゃく、舞茸を入れ、しょうゆ、酒、塩を加えて味を付けます。
すりおろした山の芋をスプーンなどで丸くしながら入れ、せり、ねぎを加え一煮立ちさせて、できあがりです。

  山の芋は関西地方で出回る品種で捏芋(つくねいも)の一種です。ゴツゴツしたげんこつの形をしており、粘りけがとても強く、食感も濃厚なのが特徴です。                                                 
一般的に販売されている「長芋」より粘り気がとても強く、鍋にしても崩れにくいのが特徴です。           
  山の芋は秋田県では田沢湖、大館、鷹巣で栽培されております。参考:こちら                               
  植え付け作業の様子 こちら                 山の芋 こちら   
  山の芋は、「おがくず」の中で保存されますが、このとき、香りの少ない湿った広葉樹のおがくずを使用します。山の芋は表面が乾燥しすると、割れてしまったり、芋の味が損なわれてしまいます。状態がよいと、次の年の5~6月ぐらいまで保存可能となります。                                                          



 

 
Copyright (C) Akita prefecture. All Rights Reserved.