あきた産デーレシピ

ラタトゥイユ

印刷する

 
 
 
7月の旬レシピ

ラタトゥイユ

  梅雨本番となりました。しかし、農作物にはこれも恵みの雨となっております。夏野菜や果物などがたくさん出回ってきております。野菜の栄養をたっぷりとり、これからの季節を元気よく乗り切りましょう。
 今月は、ズッキーニと言えば定番料理「ラタトゥイユ」をご紹介します。この料理は、南フランスの料理でたくさんの野菜を炒め煮にした料理です。野菜の旨味たっぷりのラタトゥイユは、温かくしても冷やしてもおいしい一品です。
 ぜひ、ご家庭でもお試し下さい。
材料と分量(4人分)  
「ラタトゥイユ」
ズッキーニ 2本
ナス 3本
ベーコン 3枚
タマネギ 2個
トマト 1個
赤ピーマン 1個
黄ピーマン 1個
オクラ 4本
トマト水煮缶 1缶
ケチャップ 大2
ニンニク 2かけ
オリーブオイル 大3
塩コショウ 適量
固形コンソメ 2個
パセリ 少々
「ズッキーニとツナのソテー」
ズッキーニ 1本
小麦粉 適量
オリーブオイル 大2
ツナ 1缶
マヨネーズ 大3
塩コショウ 少々
「ラタトゥイユ」
  1) ナス、ズッキーニは輪切りにし、ベーコンは2cm幅、タマネギ、ピーマンなども食べやすい一口大に切ります。
2) 鍋にオリーブオイルをしき、ニンニクを香りが出るまで炒めます。
3) ニンニクの香りが出てきたら、ニンニクを取り出し、ナス、ズッキーニを炒めます。
4) 全体に油が回ったら、ベーコン、タマネギ、ピーマン、トマトを炒めます。
  5) 全体をよく炒めたら、トマト水煮、ケチャップを加え、野菜が少し浸るぐらいまで水を加え煮込みます。
6) 10~15分ぐらい煮込んだら、コンソメを加えます。最後に、塩コショウで味を整えます。
7) オクラは塩茹でし、パセリはみじん切りにしておき、彩りよく盛りつけます。
「ズッキーニとツナのソテー」
1) ズッキーニは斜め切りにし、小麦粉を軽く付けて、オリーブオイルをしいたフライパンで軽く焼き目が付くまで焼きます。
2) ツナとマヨネーズ、塩コショウ少々を良く混ぜ合わせます。
3) 1)に2)をのせ、オーブンで5分ほど焼きます。
栄養士からの チョットメモ
 
農業試験場「秋田農試の四季」より
 ズッキーニは、形がキュウリに似ているのですが、ペポカボチャというかぼちゃの仲間で、味はナスに似ているといわれております。ズッキーニは緑色の他に黄色のものもあります。日本に入ってきたのは戦後と言われており、比較的新しく、まだ馴染みの薄い野菜かもしれません。
 栄養はビタミンA、B、食物繊維が入っており、また、カロリーが低いためヘルシーな野菜として好まれております。
 ビタミンAは免疫力を高めてくれるので、エアコンなどによる室内外の温度差などによる夏風邪の予防に最適です。食物繊維を多く含むため、便秘の解消などに良いと思われます。
 ズッキーニは油と相性が良いので、煮込み料理でも、始めに炒めた方が味や香りも良くなりますし、ビタミンAが油にとけるため、ビタミンAの吸収率も上がります。ズッキーニと豚肉の辛みそ炒めなどもスタミナのつく一品として良いかと思います。 
 秋田県では、上小阿仁村で盛んに栽培されております。



 

 
Copyright (C) Akita prefecture. All Rights Reserved.

レシピ検索

サイト内で公開中のレシピを検索!