あきた産デーレシピ

コゴミ入りパスタ

印刷する

 
 
 
5月の旬レシピ

☆コゴミ入りパスタ☆

  山の木々も新芽をつけ、春らしいさわやかな季節になってきました。                  そして、県内のあちらこちらでは、山菜や地物の野菜類がでまわってきました。そこで今回は、今が旬の山の恵み「コゴミ」を使った料理を紹介いたします。
 コゴミは、塩茹でした後すぐに食べられ、味もクセがない山菜のため大変好まれております。天ぷらや、ごま和えなどが一般的ですが、今回は洋風にアレンジしました。パスタだけではなく、ピザなどに加えてみるのもよいと思います。
材料と分量(4人分)  
スパゲティ 300g
コゴミ 100g
アスパラ 50g
タマネギ 100g
ベーコン 40g
ニンニク 1かけ
トウガラシ 少々
オリーブオイル 大2
バター 大2
少々
コショウ 少々
 
1) ニンニクはスライスにし、タマネギもスライス、アスパラは斜め切りにし、塩を入れた熱湯で茹でる。
2) コゴミはよく洗い、付着しているワタやゴミを流し、塩を入れた熱湯で茹でる。
3) パスタを茹でる。茹であがったら、パスタにオリーブオイルをからめておく。
4) フライパンにバターを入れ、溶け始めたらスライスしたニンニク、トウガラシを炒め、香りが出てきたら取り出す。
5) 切ったベーコン、タマネギを炒める。ベーコンはカリカリになるよう先に炒める。
6) 5)に塩ゆでし、水気をきったコゴミ、アスパラを加えて炒める。
7) 6)に3)のパスタを加え、全体をよく混ぜ合わせ、塩コショウで味を整える。
栄養士からの チョットメモ
 くさそてつ「コゴミ」                 コゴミのごま和え→こちら
 コゴミは東北に多く生息するシダの仲間で、蘇鉄(ソテツ)に似ている事から、『くさそてつ』という名前がついたと言われております。しかし、「コゴミ」と呼ばれる方が一般的で、これは芽が前かがみに「こごんでいる」ように見える事から『コゴミ』と呼ばれるようになったそうです。
 谷底に近い林内に群生し、土中の水分の多い所に好んで自生し、「青コゴミ」「赤コゴミ」など種類があります。      山菜はアク抜きなどの下処理が大変といわれますが、コゴミはアクが少ないため、採ってきたら塩茹でしてすぐ食べる事が出来ます。
 コゴミはミネラルやビタミンが比較的多く、他の野菜類と同様に和え物や天ぷらなど様々な料理に適しております。食べると少々粘りがある所も特徴です。



 

 
Copyright (C) Akita prefecture. All Rights Reserved.

レシピ検索

サイト内で公開中のレシピを検索!