あきた産デーレシピ

いかとアスパラのしょっつるパスタ

印刷する

6月の旬レシピ

☆いかとアスパラのしょっつるパスタ☆

 今の季節、夜の秋田沖ではイカ釣り船が、明々と灯をともして操業しています。そのおかげで新鮮な朝イカが出回っていますね。アスパラガスは春だけの味と思われていますが、露地でも9月まで収穫され、県内では北秋田、由利、仙北、平鹿地域が産地です。時間が経つほど、固くなり味が落ちてしまうアスパラガスは、移動時間の短い地物がやっぱりおいしいですね。

材料と分量(2人分)
スパゲティ 200g
イカ 2~3はい
アスパラガス 20本
バターかオリーブオイル 適量
にんにく 1かけ
しょっつる 15cc(大1)
1 イカの内蔵をとりだし、皮をむいて輪切りにします。足も食べやすく切って使います。
2 アスパラは5cm長さに切って茹でます。
3 スパゲティを茹でます。
4 フライパンにバターを熱し、みじん切りのにんにくを炒め、イカ入れてさっと炒めます。
5 しょっつるとスパゲティのゆで汁を少々加えたあと、スパゲティとアスパラを和えてできあがりです。
※汁気が少ないとパサパサするので、ゆで汁で調整します。しょっつるは塩分が強いので加減しながら使います。
一口メモ

 アスパラガスの話
   アスパラガスにはカロチン(ビタミンA)が含まれ、病気に対する抵抗力を高め、またアスパラギン酸は新陳代謝を促すとともに、タンパク質合成を高める効果があり、疲労回復や滋養強壮に優れています。アスパラガスの穂先部分には ルチンという成分が含まれ、血管を丈夫にし、高血圧や動脈硬化の予防にも効果があり、また利尿効果もあります。アスパラガスはカロチン、ビタミンC、ビタミンEを同時に摂取することができ、抗腫瘍作用もあります。アスパラガスは春だけの味と思われていますが、露地でも9月まで収穫され、県内では北秋田、由利、仙北、平鹿地域が産地です。時間が 経つほど、固くなり味が落ちてしまうアスパラガスは、移動時間の短い地物がやっぱりおいしいですね。

 しょっつるの話
  しょっつるは秋田を代表する最高の調味料ですが鍋以外には使うことが少ないようです。
   しょっつるを塩の代わりに使うとびっくりするほど、コクのあるおいしい料理に仕上がります。
   汁物の他、普通の野菜炒め、カレーライスのルーに少々入れてもおいしいですね。
   だし+塩や、ナンプラー、アンチョビソースのつもりでどうぞ。だまされたと思って使ってみてくださいね♪



Copyright (C) Akita prefecture. All Rights Reserved.

レシピ検索

サイト内で公開中のレシピを検索!