秋田の食材を使ったレシピノート

納豆汁

印刷する

納豆汁


■材料名(4名分)
 納豆・・・2パック
 いものこ・・・・200g
 きのこ(サワモタシ)・・・・・・150g
 山菜(ゼンマイ、ワラビ、ニオ)・・・適宜
 豆腐・・・・半丁
 せり・・・・・・・1把
 ねぎ・・・・・・1本
 油揚げ・・・・1/2枚
■ 季 節 :
■ タイプ : 和風
■ 種 類 : 鍋物・煮物
■ 説 明 : 秋田は、納豆発祥の地。古くは各家々で納豆を造っていた頃からの家庭料理である。正月料理として一年間に収穫された山の幸をみそ汁に入れて食べた「晴れの日」の料理として振る舞われた。現在でも正月2日には、具だくさんのみそ汁(=納豆汁)を食べる。納豆汁は、寒い秋田の冬にさめにくく、身体を温める汁物の代表でもある。

■ 作り方
1.煮干しでダシをとり、具材を同じ大きさのさいのめ切りにし、、柔らかくなったら味噌で味を調える。

2.具材を煮ながら、納豆をすり鉢で丁寧につぶし、だし汁で滑らかにする。

3.豆腐を入れ、つぶした納豆を加え、納豆の濃度を均一にする。

4.薬味のセリやねぎのみじん切り、七味唐辛子で食べる。

■ワンポイント
納豆は、つぶしにくく一粒一粒の気持ちで。納豆を入れた後は煮立てないこと。

このページのTOPへ


Copyright (C) Akita prefecture. All Rights Reserved.

レシピ検索

サイト内で公開中のレシピを検索!