地産地消

あきた産デーキャッチコピー使用取扱規程

「あきた産デー」キャッチコピー使用取扱規程
 

 

(趣旨)
第1条 この規程は、秋田県の地産地消運動を推進するにあたり、「あきた産デー」のキャッチコピー等を使用する場合の取扱いに関し必要な事項を定めるものとする。

(キャッチコピーの定義)
第2条 この規程において、「キャッチコピー」とは、「あきた産デー」実施要綱に基づき作成されたものをいう。

(使用の届け出等)
第3条 キャッチコピーを使用しようとする者は、あらかじめ秋田県農林水産部流通経済課長(以下、「秋田県」という。)に届け出なければならない。但し、次の各号のいずれかに該当するときは、これを省略することができる。
(1)秋田県が使用するとき。
(2)地方公共団体が使用するとき。
(3)報道機関が報道又は広報の目的で使用するとき。

(使用許可の範囲)
第4条 前条の規定による使用届出があった場合において、その内容が次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、キャッチコピーの使用を認めるもとのする。
(1)資料及び無償で交付される記念品類の物品で、地産地消活動に寄与すると認められるものに使用するとき。
(2)出版物で、県内の地産地消活動に関する普及・啓発内容を掲載するとき。
(3)一般への地産地消活動に関する理解や普及を図るため、その普及資料等を展示するとき。
(4)その他秋田県が地産地消運動を推進することに寄与すると認めるとき。
2 前号の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当するときは、キャッチコピーの使用を認めないものとする。
(1)地産地消のイメージを傷つけ、又は正しい理解の妨げになるとき。
(2)法令、公序良俗に反し、又は反する恐れのあるとき。
(3)その他秋田県がキャッチコピーの使用について不適当と認めたとき。

(使用上の遵守事項)
第5条 キャッチコピーを使用する者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。
(1)届出された用途にのみ使用すること
(2)当該使用に係る物品等の完成を速やかに秋田県に提出するものとする。但し、完成見本の提出が困難なものは、その写真の提出をもって代えることができるものとする。

(届け出内容の変更)
第6条 キャッチコピーの無償使用の届出をした者が、使用内容を変更しようとするときは、秋田県に届け出なければならない。

(使用の禁止)
第7条 秋田県は、キャッチコピーの使用がこの規程及び届出内容に違反していると認められるときは、当該使用を禁止することができる。

(附則)
この規程は、平成15年7月28日から施行する。


 

「あきた産デー」キャッチコピー使用届 (PDF:9.90KB)


 

このページのTOPへ