地産地消

地産地消って?

あきたの「地産地消」
 

○地産地消とは?
「地産地消」とは、「地場生産-地場消費」を略した言葉で、県内で採れた新鮮で安心できる農林水産物を、できるだけ地域で消費しようとする意味で使われています。
「地産地消」は、消費者と生産者の相互理解を深める取組として期待されていています。県民一人ひとりが自らの「食」を考え、「食」に対する関心を高めながら地元の食べ物を意識していただきたいと思っています。

 

○地産地消の目ざすもの?
近年、輸入農産物の増加、農薬問題、更には遺伝子組み替え食品などにより、食に関する県民の関心が高まっています。「食」は生命の源であり、健康に密接なかかわりを持っていますが、この「食」を支えるのは「農業」です。
地産地消運動は、「地場産品の消費拡大運動」という面だけではなく、「健全な食生活の実現」や「地域の環境保全」、「伝統的な食文化の継承」、「子ども達への「食」教育」など、いろいろな役割を持っています。
「あきたの地産地消運動」は、「食」と「農」を結び付け、県民みんなで本県農林水産業を支えることによって、豊かで健康的に暮らせる「秋田」にしていくことを目標にしています。

 

図

○地産地消の効用
農家「作る人」と消費者「食べる人」の距離が近いということは、
1.新鮮で栄養価の損なわれない農産物を県民に提供できる。
2.食材に対する安心感が高い
3.食を絆とした消費者と生産者の信頼感が築かれ、作り手である農家のやる気や誇りが高まる
4.食品加工や流通・販売業界の活性化が図られる。
5.地域の食文化の見直しや子ども達への食の教育が進めやすい環境となる。

加工業界や外食産業等で地域の食材を使用することは、
1.「秋田産=安心、良質、地元産」という付加価値のある商品、メニューが提供できる(業界の活性化)
2.地元農家との安定した取引が可能になり、安定した生産加工が期待できる。

学校給食で地場食材を使用することは、
1.子ども達の「食」、地域の「食」に対する興味が高まる(食育が進めやすい環境)。
2.好き嫌い、食べ残しが減る。
3.地域の食文化の伝承し易い環境

など、「食」を通じて県民全体・地域全体が元気(活性化する)になることが期待されます。


 

○県内での状況
1.農産物直売活動が活発化
2.スーパー等での地場農産品が増加
3.朝採り野菜をその日のうちに県民の食卓に届ける「午後セリ」(中央卸売市場)の取扱量が序々に増加
4.学校給食における地場食材活用が増加
5.市民グループによる活動が活発化(地産地消を進める会、スローフード秋田など)など、職業や世代を越えて県内各地で盛り上がりを見せています。


 

○本県における取り組み例
◎JA秋田やまもと
地域に根差した組織、食材を生産・供給する立場として、食の安全性を確保し、地域の伝統的な食生活や料理を見直そうと、平成13年からJAが主体となった地産地消の新しい試みとして運動が始まりました。

1-郷土料理などの伝統食の復興
・地域の伝統食名人(グランママシスターズ)を委嘱(各地区から1名、計5名)
・若い主婦層を対象とした「食の安全性の講習会」「料理教室」の開催や「おふくろの味」コンクールの実施、伝統食レシピの作成、地産地消弁当の開発と普及

2-子どもたちを対象に食文化の普及・教育
・学校給食への地場農産物の提供(全地区)
・出前アグリスクールの開催(モデル校)、「食農新聞」の発行(管内19校)

3-安全で良質な食材や加工品を提供する生産者の支援
・新規就農者の支援(研修への支援等)
・加工グループの育成(地場生産された豆腐、しょうゆ、ハム等のPR活動)
・伝統野菜を守ろう運動の展開(JAじゅんさい部会への支援)など
・ふるさと便の開発


 

○県の主な取り組み
県民に、秋田産農産物の良さを知ってもらうことを中心に、地産地消の普及啓発活動を行っています。
1.「あきた産デー」(毎月第3日曜日とその前の金・土曜日)を制定し、年5回、秋田駅前仲小路大屋根下にて「あきた産デーフェア」を開催
2 県内で地産地消に取り組む食品製造業の方々による事例発表や地産地消商品の紹介を行う「地産地消交流会」を開催
3.野菜ソムリエによる旬の野菜を活用した地産地消レシピの紹介

 

このページのTOPへ