秋田を味わいたい!

あきたの旬材 比内地鶏

 こで秋田県では比内鶏のオスを親とした交配試験を重ねた。試行錯誤の結果、選ばれたのがロードアイランドレッドのメス(アメリカのロードアイランド州原産、日本には明治時代に導入)。比内鶏のオスとの交配によって誕生したF1(一代雑種)が食味、肉色、姿とも比内鶏に似ていることが発見されたのだ。病気にも強いなど、飼育にも適しているためこれを「(ひないじどり)」と命名した。


 在「」は名古屋コーチン、薩摩鶏と並んで日本3大美味鶏として知られている。肉そのものにコクがあり、脂肪の粒子が細かいという素材の良さ。それに加えて放し飼いで健康的に育てられるために、肉に歯応えがあり、噛むほどに鶏肉本来のコクと風味が伝わってくる。ケージの中に閉じ込めて短期間で大量に生産するブロイラーとはまったく違ったおいしさを味わうことができる。



【 画像をクリックすると拡大されます。】
 田県内では、きりたんぽ鍋に欠かせない鶏としてすっかり定着している。また、きりたんぽセットの県外出荷量が増えるにつれ、そのおいしさは県外にも知られるようになってきた。基本的には和食での調理が多く、焼き鳥、刺身、鍋料理などが中心。県外の焼き鳥屋さんからの引き合いも増えているという。

 かし最近では、イタリア料理やフランス料理、韓国料理など世界の様々な料理に取り入れられるようにもなった。さらに、2000年10月にドイツで開催された『料理オリンピック』の公式食材として採用もされ、そのおいしさは、世界に認知されつつあると言える。


 

このページのTOPへ