秋田を味わいたい!

あきたの鍋シリーズ ヤツメ貝焼き

 

 北の米代川ではワカベ網という小型の網を仕掛けて漁をしているが、秋田市を流れる雄物川では主にドッコ(※)を使って漁をしている。しかし最近は残念なことに漁獲量が年々減少し、今や県内産のヤツメは超貴重品になりつつある。

 ツメには、さまざまな食べ方がある。ぶつ切りにして串に刺し、塩焼き。ウナギのように開いてかば焼きにする人もいる。しかし秋田では味噌味の「」が一番人気だ。

 師さんに教えてもらったヤツメ貝焼きは実にシンプルでワイルド。小鍋の水が沸騰したら、その場で生きたヤツメをぶつ切りにし、血まみれのまま入れる。続いてネギと豆腐を入れ、火が通ったら味噌で味を調えて出来上がり。「だし汁?そんた難しいこと、オラ知らね」といった調子だ。初めて食べた時は、ヤツメ特有の臭いに少々閉口したが、二度三度と慣れるにしたがって、この臭みこそがヤツメの味の魅力だと思えてきた。

 材でお世話になった秋田市川反四丁目の鍋茶屋さんは、さすがに鍋料理の専門店。初めての人にもヤツメをおいしく食べていただこうと手が込んでいる。普段はアルミ製の小鍋を使っているが、当日は昔ながらの貝焼き鍋(ホタテ貝の大きな貝殻)を使って料理していただいた。

 

 


 布と煮干しで取っただし汁を鍋に入れ、沸騰してきたら味噌を入れて味を調える。まずは、ぶつ切りにしたヤツメを入れる。次にささがきゴボウ。さらにハクサイ、ネギ、豆腐を加える。最後にシュンギクを入れ、火が通ったところでいただく。ここ鍋茶屋のポイントは、ささがきゴボウにあるようだ。

 「『じょう鍋』もそうだけど、川魚独特の臭みを取るには、やっぱりゴボウを入れないと…」と女将さんはおっしゃる。

 


【 画像をクリックすると拡大されます。】

 ツメを口に入れると、ムチッとした歯ごたえ。骨は軟骨だからまったく気にならない。ゴボウを入れて臭みを和らげたといっても、独特の匂いは残る。好きな人にはこの例えようのない匂いと歯ごたえがたまらないようだ。

 なみにヤツメはビタミンAを多く含み、古くから夜盲症の薬として知られている。

(※ 竹かんむりに奴)

 

このページのTOPへ