秋田を味わいたい!

あきたの鍋シリーズ きりたんぽ鍋

 



【 画像をクリックすると拡大されます。】
 そのものは、荒くつぶしたご飯を香り豊かな秋田杉の串に巻きつけてこんがり焼き上げたものだが、その形が稽古につかう槍「短穂槍(たんぽやり)」に似ていることから、と名付けられたといわれている。

 外の人は秋田に来ればいつでも食べられると思っているようだが、そこが難しいところ。事実、食べられないこともないが、地元の人たちが食べるのは主に秋から冬にかけての寒い季節。この時期がきりたんぽの旬といえるのだ。

 田のは9月、新米が出回るようになると始まる。とにかく、きりたんぽは香りが豊かでなければならない。だから香りのいい新米が必要不可欠。これを秋田杉の串に巻きつけてこんがり焼くと、さらに香ばしさが高まる。焼きたてをそのまま食べる時は、おかずもいらない。それだけでも十分過ぎるほどおいしいからだ。

 

 

 の主役がだとすれば、その味を引き立てるわき役たちも新米の時期においしくなるものばかり。鍋のだしの味を左右する比内地鶏は脂がのって味が引き締まってくる。畑ではネギやゴボウが旬を迎える。山に行けば、そろそろキノコのシーズン。特に天然のマイタケが手に入れば、もう言うことはない。加えて寒い季節に水田で栽培されるセリは香りも強く、色も鮮やか。白く長く伸びた根も鍋にいれて一緒にいただく。このセリの根の食感はなかなかのものだ。

 


【 画像をクリックすると拡大されます。】

 上が鍋の一般的な具、いわゆる基本型だが、この他にもさまざまな具を入れるのを良しとする地域や家庭がある。主に能代市を中心とする県北の沿岸部ではマイタケの代わりにキンタケ(キシメジ)を使う家庭が多い。大館市には薄く味をつけたサトイモを入れる家庭も多い。この方が味にコクが出るというのだ。その他に油揚げを入れる家庭など、実にさまざまだ。

このページのTOPへ