秋田の海・山・里の伝統食100選

写真の無断転載、商用使用はお断りします。

納豆汁

印刷する

■技術提供者:横手市平鹿郡生活研究グループ協議会

 地元で取れた山菜や野菜をふんだんに入れた熱々の納豆汁は、子どもから大人まで喜んで「ふうふう」しながら食べます。 お正月等に鍋にたくさんつくり、温め直しながら食べる習慣は今でも残っています。
 県北の一部でも食べられますが、主に県南地域で盛んに作られているようです。
 
【材料および分量(5人分)】
納豆 150g
味噌 120g
煮干し 5~6匹
芋の子 中3~5個
豆腐 1/2丁
山菜の塩出ししたもの(わらび、サク) 100g
きのこ(なめこ、沢もたし) 100g
ぜんまい(もどしたもの) 50g
ネギ 1本
油揚げ 2枚
からし菜(塩漬けしたもの) 50g


 

【作り方】
1) 芋の子は皮をむき小さめに切る。わらびやサクなどの山菜は2センチ長さに切る。
2) 豆腐はさいの目切り、油揚げは1センチの長さにする。
3) ネギは細かく刻んでおく。
4) からし菜は細かく刻んでおく。
5) 煮干しでだしを取り、汁に1)の芋の子・山菜・きのこ類を加え、煮えたら2)の材料を入れる。
6) 納豆をすり鉢ですりつぶし、5)の汁を少しずつ加えて溶き混ぜる。
7) 5)に味噌を入れて一煮立ちしたら、6)の納豆の溶き汁を加える。(煮立てないようにする)
8) 7)をお椀に盛り、ネギやからし菜の刻んだものを上にのせる。


 

【調理子のツ】
納豆を入れてからは、煮立てないように火を加減する。
好みによってせり、みつば、たかなの葉(塩漬けした物)を加えても味が引き立つ。


 


レシピ検索

サイト内で公開中のレシピを検索!