秋田の海・山・里の伝統食100選

写真の無断転載、商用使用はお断りします。

きゃのっこ汁

印刷する

■技術提供者:草皆ミチエ    ■五城目町

 1月15日からの小正月は、年末年始のいろいろな行事も済み、ようやくほっとするときで、ことに女性たちは待ちこがれ「女の正月」とも言われていました。
 何回も台所に立たなくても良いようにきゃのこを大鍋でつくり、小正月中食べていました。
 
【材料および分量】
大根 1kg
人参 200g
さつま芋 400g
長芋 500g
ふき(塩抜きした物) 150g
わらび(塩抜きした物) 150g
竹の子 200g
焼き豆腐 200g
油揚げ 4枚
ずんだ豆  
       青豆粉 500g
       餅米粉 100g
       塩 少々
しいたけ 4~5枚
金時豆 80g
ゆり根 100g
ぜんまい(もどしたもの) 150g
栗の甘露煮 200g
じゃが芋 1kg
かつお節 少々
昆布 少々
少々
味噌 適量
※台所にある材料をなんでも使って作る。


 

【作り方】
1) 青豆粉と餅米粉を合わせ、それに塩少々と水を入れ、よくこねる。これを小判方に丸めて焼きずんだを作る。
2) 煮干し、昆布、かつお節等でだし汁を作っておく。
3) 大根はサイコロ切りにし、柔らかくなるまでゆでる。
4) さつま芋はやや大きめに切り、金時豆は柔らかく煮ておく。
5) 他の材料は一口大の大きさに切り、大鍋に入れ、だし汁で煮る。
6) 5)がだいたい煮えたら、大根、さつまいも、を入れ、味噌を入れとろ火でゆっくり煮込んで味を付ける。(中火)
7) 最後にずんだやゆり根を入れる。


 

【調理のコツ】
ずんだやゆり根など煮くずれしやすい物は後から入れること。
食べるときは、その都度小鍋に取り温めて食べる。


 


レシピ検索

サイト内で公開中のレシピを検索!