秋田の海・山・里の伝統食100選

写真の無断転載、商用使用はお断りします。

ナッツ

印刷する

■技術提供者:本田ユウ    ■小坂町

 漬け物の原型ともいわれる「ナッツ」のナは納豆のナを意味し、自然発酵のことを表すと言われます。すしナッツ、きのこナッツ、南蛮ナッツ、はたはたのささめナッツ等全県各地に残されています。また鹿角地域では塩漬けの瓜や茄子を刻み、キクの花びらと麹で漬けた物を「ヒソ」とも言いいます。ヒシオのなまった言葉ではないかと言われています。
【材料および分量】
キャベツ 120g
キク(生) 30g
サワモダシ(ナラタケ) 60g
だし汁 50cc
だしのもと ひとつまみ
醤油 小さじ1
唐辛子 少々(輪切り)
  イカの塩辛 60g
  あま酒 30g
  少々


 

【作り方】
1) キャベツは堅めにゆでて、千切りにする。
2) キクは酢を少々入れてゆでておく。
3) サワモダシをさっとゆでる。
4) だし汁にだしの素ひとつまみと醤油小さじ1を入れ、サワモダシを入れて火にかけ、味付けする。
5) 1)~4)の材料とAを全て合わせ、味を整える。


 

【調理のコツ】
どの材料も堅めにゆでた方がよい。
味は各自の好みに合わせて調味する。


 


レシピ検索

サイト内で公開中のレシピを検索!