秋田の海・山・里の伝統食100選

写真の無断転載、商用使用はお断りします。

梅漬け

印刷する

■技術提供者:大山ヒサ子    ■三種町

 


 三種町の琴丘地域は梅の里づくりが盛んで、梅漬けも特産として直売所などで販売されています。その代表的な作りかたです。
【材料および分量】
2kg
300g
砂糖 250g
焼酎(35°) 90cc
しそ 400g
塩(シソもみ用) 40g

 
 

【作り方】
1) 梅をたっぷりの水に入れ2~3時間あく抜きをし、水切りをしたら梅のへたを取る。
2) 焼酎を梅にかけ、塩、砂糖の3分の2の量を混ぜ合わせ、梅にまぶす。
3) 梅を容器に移し、残った3分の1の量の塩、砂糖を上にかける。
4) 梅と同量~1.5倍重の重石をのせる。
5) 容器をビニールで覆い、ひもで結ぶ。
6) 漬け汁(梅酢)が上がってきたら、軽い重石に変える。
7) しそをすり鉢に入れ1/2の塩でざっと揉み、最初のアクを捨てる。
8) 残りの塩でシソ液を揉み出す。
9) 漬け汁(梅酢)100ccをすり鉢に入れ、シソを揉み、色をだす。
10) 9)のシソ葉を梅の間に入れ、上に厚く置き、着色した漬け汁(梅酢)を容器に戻す。
11) 漬け込んで、できあがり。


 

【調理のコツ】
容器、重石は熱湯消毒をすること。
漬け込んだ梅は、天気の良い日に日光にあてて干す。



 


レシピ検索

サイト内で公開中のレシピを検索!