秋田の海・山・里の伝統食100選

写真の無断転載、商用使用はお断りします。

しそ巻きアンズ

印刷する

■技術提供者:成田リヨ    ■鹿角市

鹿角地方では古くからあんずの梅干しが作られていました。その梅干しをしそで巻き、鹿角名物になった甘いお茶請けです。
【材料および分量】
≪あんず≫ あんず 5kg
  750g
  砂糖 1.5kg
≪しそ≫ しその葉 300gくらい
(50枚くらいを1束にする)
  150g
※下漬けしたあんずは、1週間くらいで水が上がるので、その頃に準備する。


 

【作り方】
1) あんずを一晩水につけて、あく抜きをする。
2) 1)の水切りしたあんずを桶などの容器に入れ、分量の塩をまぶして下漬けする。1週間位で水が上がってくるが、この間、塩を均等にするため時々かき混ぜておく。
3) しその葉は、分量の塩をまぶして、手で押しつけるようにしっかりともんで、黒い汁を捨て、あく抜きする。水の上がった杏を一時容器から取り出し、残った汁にあく抜きしたしその葉を入れて色出しをしてから、あんずを汁に戻して再度つけ込む。
4) 3)の下漬けしたあんずを晴天の日に割って種を取り、すだれ等に広げて1日天日で干す。
5) 夕方、干したあんず、砂糖、シソの葉を交互に重ねて半月位味をなじませる。
6) 砂糖が溶けて、漬け汁も多くなったら、ダシ箱等に広げて再び天日で干す。これを2~3回繰り返す。
7) 可能であれば、夜干しも行う。あんずは半分にして、一枚の葉で丁寧に巻いて、容器に重ねて保存する。


 

【調理のコツ】
常に清潔を心がけ、網等をかけて、ほこりや虫等に気を付ける。
しその葉は、大葉を50枚束ねて、多めに漬け込んでおくと、おにぎり、餅等にも利用できる。


 


レシピ検索

サイト内で公開中のレシピを検索!