秋田の海・山・里の伝統食100選

写真の無断転載、商用使用はお断りします。

みずたたき

印刷する

■技術提供者:横手市平鹿郡生活研究グループ協議会

みず(うわばみそう)は、春から夏にかけて山中の湿地で長期間穫れる山菜です。県内各地でよく食べられています。中でも「みずたたき」は、ごはんがすすむ一品です。
【材料および分量(5人分)】
みず 500g
味噌 大さじ2~3杯
山椒の葉 2~3枚


 

【作り方】
1) みずは葉を取ってざっと熱湯を通し、ビニール袋に入れ、その上からすりこぎでたたいてつぶす。
2) 1)のみずをまな板の上でねばりが出るまで包丁でたたく。これに味噌を入れて混ぜながら軽くたたいて、最後の山椒の葉を細かく刻んで入れる。
3) 小鉢に盛り、山椒の葉を添える。
1、熱湯をとおしたみずを袋に入れてたたく。   2、まないたの上でねばりがでるまで包丁でたたく。   3、みそをいれて、さらにたたく。   4、刻んだ山椒の葉を入れる。
     

【調理のこつ】
※ みずたたきには、根元のの赤い「あかみず」と呼ばれるものがねばが強く向いています。