秋田の海・山・里の伝統食100選

写真の無断転載、商用使用はお断りします。

ばっけみそ

印刷する

■技術提供者:佐々木カツ子    ■美郷町

春一番に芽を出すばっけ(ふきのとう)は、香りと独特の苦みで秋田の遅い春を告げてくれます。ばっけみそは、ごはんにも酒の肴にもあう秋田ならではの料理です。
【材料および分量】
みそ 600グラム
ばっけ(ふきのとう) 200グラム
砂糖 200グラム
サラダ油 少々


 

【作り方】
1) ふきのとうは、開いた物の場合は花を取り除き、葉っぱとくきを米のとぎ汁に一晩つけておく。
2) よく水洗いをしてから熱湯でいろよくさっとゆでる。冷水で素早く熱をとる。ザルに上げる。
3) キッチンペーパーでよく水分をとり、なるべく細かくきざむ。
4) フライパンにサラダ油を熱し、みそ、砂糖を入れてよく練る。
5) それにきざんだばっけを入れて、ざっとまぜて出来上がり。


 

【調理のコツ】
みそはすり鉢ですったおく。
すり鉢ですったみそに砂糖を入れて仕上げる方法もあるが、長く保存が出来ないのでみそをフライパンで熱して作った方が良い。
好みにより砂糖の分量を変える。