秋田の海・山・里の伝統食100選

写真の無断転載、商用使用はお断りします。

わらびのさお煮

印刷する

■技術提供者:福士チヤ子    ■八峰町

わらびを1本のさおのようにそのまま煮て、切らずに豪快に食卓に出すことから「さお煮」と呼ばれます。

 

【材料および分量】
干しわらび 100g(5束分)
こんぶ 30cm
煮干し 5本
生シイタケ 50g
サラダ油 大さじ1/2
醤油 1/2カップ
砂糖 大さじ1
とうがらし 少々


 

【作り方】
1) わらびをもどす。もどし方は、干しわらびをたっぷりの水に入れて火にかけ、70℃くらいまで上がったら、火から下ろす。これを3回繰り返し、水を切って 5把に束ねておく。
2) 煮干し、生シイタケ、こんぶを鍋に入れ、水4カップを加えて火にかけ、だしをとる。
3) 沸騰しただしの中に、束ねたわらびを入れ、煮立ち始めたら、醤油、砂糖を入れて、中火で5分ほど煮る。
4) さらに、サラダ油、とうがらしを入れて、一煮立ちさせてから、火を止め、そのまま冷めるまで浸しておく。


 

【調理のコツ】
干しわらびで作った方が、生や塩づけした物よりもふっくらとする。
味付けするとき、醤油を2~3回に分けて入れることと、煮すぎないようにするのがふっくらと仕上げる。
束ねて煮たわらびはそのままの長さで皿に盛りつけて食べる。


 


レシピ検索

サイト内で公開中のレシピを検索!