秋田の海・山・里の伝統食100選

写真の無断転載、商用使用はお断りします。

いものこ汁

印刷する

■技術提供者:横手市平鹿郡生活研究グループ協議会

 ぬめりが多く、柔らかい県南部の里芋は、いものこ汁にかかせない食材です。山のきのこが豊富な秋に様々な野菜と具だくさんに収穫のお祝い、なべっこなどで作られます。
【材料および分量(5人分)】
里芋 10ヶ
鶏肉 150g
鶏ガラ 1羽分
糸こんにゃく 1袋
きのこ(ならたけ、舞たけ、なめこなど) 200g
せり 1/4束
味噌 75g※1人分(大さじ1として)
4カップ


 

【作り方】
1) 里いもは皮をむき、1個のまま、分量の水で煮る。半煮えしたら鶏肉・鶏ガラを入れて、柔らかくなるまで煮る。
2) 糸こんにゃくは湯通ししておく。
3) 1)にきのこと糸こんにゃくを入れ、味噌で味をつける。
4) せりは3センチ長さに切り、食べる直前に入れる。


 

【ちょっと一言】
平鹿地域ではみそ味と醤油味(昔は味噌たまり利用)の2通りが作られており、家庭の好みで味付けされ、食されています。


 

 


レシピ検索

サイト内で公開中のレシピを検索!