秋田の海・山・里の伝統食100選

写真の無断転載、商用使用はお断りします。

いぶりたくあん

印刷する

■技術提供者:藤原征子    ■大仙市(西仙北地域)

だいこんをナラやさくらの焚き木でいぶしてしてつくる香ばしい「いぶりたくあん」は秋田のがっこ(漬け物)の代表です。
【材料および分量】
いぶした大根 12kg
くず米のふかし 1.5kg(1升)
580g(3合)
ざらめ 1kg
たくあんの素 少々
1カップ
1カップ
赤とうがらし 5~6本(好みに応じて)


 

【作り方】
1) いぶした大根をたわしで洗う。
2) 水に浸したくず米を蒸し器で40分くらい蒸してふかしを作る。
3) ふかし、塩、ざらめ、たくあんの素、酒、酢、全部を混ぜる。
4) たるに3)の混ぜた調味料の少量を敷き、大根を並べる。その上にまた3)をかけ、赤唐辛子をのぜる。
5) これを繰り返す。
6) 最後に少し多めに調味料をかけて重石をする。1ヶ月くらいで食べられる。


 

【調理のコツ】
重石は、大根の倍の重さにして、つゆ(水分)があがったら大根と同じ重さにする。


 

このページのTOPへ

 


レシピ検索

サイト内で公開中のレシピを検索!