秋田の海・山・里の伝統食100選

写真の無断転載、商用使用はお断りします。

のたや

印刷する

■技術提供者: 佐々木幸    ■由利本荘市(矢島地区)

さめを使った珍しい料理です。由利地域の内陸で、貴重な魚のあらを無駄にしないために、作られてきた料理です。「のたや」とは、味噌を使っているので「ぬた」からきたものと思われます。
【材料および分量】
サメの頭 2匹分
サメの内臓 油2本分
大根 大1本
ネギ 3本
味噌 大さじ2
少々
少々
パセリ 少々

 

【作り方】
1) サメの頭、内臓はゆでて、頭からは身を取る。
2) 大根はおろし器でおろし、から煎りする。(辛味が無くなるまで)
3) ネギは小口切りにする。
4) すり鉢にサメの内臓(油)をすり潰して味噌を入れ、酢、油で調味する。
5) 4)に大根おろし、サメの身を入れて混ぜ合わせる。最後にネギを入れる。
6) 器に盛りつけパセリを添えて出来上がり。

 

【調理のコツ】
大根おろしは炒めて冷めてから水分をよく取る(布袋などで絞る)
大根おろしは、から煎りして冷めてから水分をよく取る。(布袋などで絞る)