秋田の海・山・里の伝統食100選

写真の無断転載、商用使用はお断りします。

つみれのしょっつる

印刷する

■技術提供者:金田美貴子    ■八峰町

海や川の魚を丁寧にすり身にし、つみれにして食べられます。中でもほっけは値段も手頃で、味にくせがないため、よく使われています。みそ汁にも使いますが、しょっつるのだしがよく合います。
【材料および分量】
つみれ(ホッケ) 3尾(可食分で1kg)
   a  味噌 大さじ1
      卵 2個
しょっつる 大さじ2
干しわかめ 50g
ネギ 3本
だし昆布 10cm×5本
味噌 100g

 

【作り方】
1) ホッケは頭、骨、皮を取り除き、身を包丁でたたいて細かくし、すり鉢で滑らかになるまで擂る。
2) 1)にaの味噌と卵を加えて、さらによくすりあわせる。
3) 鍋に水10カップとだし昆布を入れて火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出してだし汁を作る。
4) 3)に、つみれをスプーンや手で一口大にちぎって入れ、つみれが浮いてくるまで煮てから味噌を入れ、さらにしょっつるを入れて味を調える。
5) 4)に、水にもどしてざく切りしたわかめと、斜め切りしたネギを入れて火を止める。

 

【調理のコツ】
しょっつるを入れることによって、魚の風味が増して、とても味がよくなり、ちょっと変わったつみれ汁になります。
しょっつるを入れることによって、魚の風味が増して、味がよくなり、ちょっと変わったつみれ汁になる。

 


レシピ検索

サイト内で公開中のレシピを検索!