秋田の海・山・里の伝統食100選

写真の無断転載、商用使用はお断りします。

馬かやき

印刷する

■技術提供者:若松シゲ子    ■北秋田市(森吉地区)

北秋田地域は馬肉をよく食べる地域で、お祭りやご祝儀の宴には馬かやきや煮つけが出されます。この地域は、阿仁銅山なの鉱山地帯で、そこで働く抗員たちが抗内労働からおきる「よろけ病(珪肺)」等の予防と称して馬肉を食べていたようです。四つ足の動物を食べることを嫌ったため「馬」とは言わず「ナンコウ(南向)なべ」と言ったと伝えられています。「義経なべ」という異名もあります。
【材料および分量】
馬肉(スライス) 500g
ゴボウ 1/2本
突きこんにゃく 1袋
150cc
味噌 50g
醤油 大さじ2杯

 

【作り方】
1) 馬肉を5cm幅に切って水から中火で煮る。煮立ったらアクを取る。
2) ゴボウを乱切りにして塩水に浸しておく。突きこんにゃくはあらかじめ火にかけ空いりしておく。
3) 1)の肉が軟らかくなったら、2)を加え、酒で炒り煮する。水はできるだけ入れない。
4) 3)にこんにゃくを入れ、醤油、味噌で味を調える。

 

【調理のコツ】
調味に味噌を加えると馬肉にやわらかみが出て、色も良く仕上がる。
濃いめの味に仕上げる。
好みで大根やネギを加える。

 


レシピ検索

サイト内で公開中のレシピを検索!