秋田の海・山・里の伝統食100選

写真の無断転載、商用使用はお断りします。

けいらん

印刷する

■技術提供者:成田リヨ    ■鹿角市

けいらんは、その名のとおり、ちょうどゆでたまごのような形のだんごの入った吸い物です。主に精進料理や不祝儀の一番吸い物で使われますが、おめでたい席では紅白にします。室町時代の禅宗とともに伝えられたと言われていますが、鹿角市を含む岩手、青森などの旧南部藩地域に伝えられています。
【材料および分量】
≪椀種用≫ 白玉粉 100g
  こしあん(砂糖入) 100g
  クルミ 20g
  コショウ 少々
  水溶き片栗粉 80cc
≪すまし汁用≫ マイタケ 100g
  みつ葉 12本位
  だし昆布 30cm位
  卵そうめん 30本位
  薄口醤油、塩 少々
  5カップ

 

【作り方】
1) あんを12等分し、クルミを中に包んで丸めておく。
2) 白玉粉に片栗粉を薄く溶いた水を少しずつ入れ、様子を見ながらよく粘りが出るまでこねる。
3) 1)の丸めたあんに皿にふったコショウを少し付け、白玉餅に包んで鶏卵の形にする。熱湯でゆで、浮いたら冷水にとり、水切りする。
4) 卵そうめんをゆで、マイタケは薄い塩水でゆでて、汁は残しておく。
5) 水にだし昆布を入れて、煮立つ寸前に引き上げる。マイタケのゆで汁を適量加えて薄口醤油と塩で味付けしてすまし汁を作る。
6) お椀にそうめん、けいらん2個、マイタケ、結びみつ葉を入れて、熱いすまし汁をたっぷりかける。