秋田の海・山・里の伝統食100選

写真の無断転載、商用使用はお断りします。

三杯みそ

印刷する

■技術提供者:今キミ子    ■大仙市(神岡地区)
 
  もち米粉、うる米粉、小豆を合わせてつくることから三杯みそといいますが、みその語源は合わせた時の様子がみそのようだったからとも、かつてはみそを使っていたからなどと言われています。県南地域では集まりの際の重箱料理としてよく作られています。

 

【材料および分量】
(1) 小豆、こしあん 2kg
  砂糖 1kg
  ざらめ 1kg
  2カップ
(2) 餅米 5カップ(500g)
  うる粉 3カップ(300g)
  小麦粉 2カップ(200g)


 

【作り方】
1) 水、砂糖、ざらめを入れ、沸騰したらこしあんを入れ、1時間くらいねる。
2) 粉を全部一緒にふるいにかけよくふっておく。
3) 1)がさめてきってから2)をよく混ぜる。よく混ぜたものを蒸気のあがった蒸し器に布をしいて30分蒸す。
4) 蒸し上がったものをはんじょうかボールに入れてよくこねる。
5) 好みの大きさにわけ、巻きすで形を整える。
   
【調理のこつ】
蒸し上がった後のこね方がたりないとあしが強いものができない。