秋田の海・山・里の伝統食100選

写真の無断転載、商用使用はお断りします。

ほおの葉まま

印刷する

■技術提供者:佐々木英子    ■由利本荘市


 
かつての田植えは、5月下旬から6月頃で、家族、親戚総出で行われました。農家はちょうどその頃に大きくなっている「朴の葉」にきなこごはんを包み、田植えの小昼におやつとして出しました。重労働だった田植えを少しでも楽しくし、また体力を補う知恵でもありました。朴の葉の香りが疲れを癒し、食欲をそそります。 

【材料および分量】(10個分)
うるち米       750g(5合)
きなこ     100g
砂糖  100g
黒砂糖    100g
少々
朴の葉 20枚
ワラ 20本


 

【作り方】
1) 米を普通に炊く。
2) きなこに砂糖、黒砂糖、塩を入れて混ぜておく。
3) 朴の葉を洗い、布巾で水気をとる。
4) 朴の葉2枚を十字に置いて、2)を敷き、その上に茶碗一杯分のご飯を置き、その上に又2)をかける。
5) きなこをまぶしたご飯を葉でくるんで、ワラで結ぶ。


 


レシピ検索

サイト内で公開中のレシピを検索!