秋田の海・山・里の伝統食100選

写真の無断転載、商用使用はお断りします。

だまこもち

印刷する

■技術提供者:石井チエ    ■五城目町

 秋田市から能代山本地区までの沿岸北部では、秋の取り入れが一段落したころ、「庭あらい」と称して新米のごはんをつぶして丸め、「だまこもち」を食べる風習があります。きりたんぽより作りやすいため、地域では、何か行事があれば「だまこもち鍋」が作られています。お手玉(だまこ)になぞらえて「だまこ」と言われています。かつては八郎潟産のワカサギのだしで食べられていました。
【材料および分量】
うるち米 750g(5合)
鶏肉 500~600g
ごぼう 1本
せり 2束
ネギ 2本
きのこ(しいたけ、まいたけ) 200g
糸こんにゃく 2玉
≪スープ≫ 煮干し 50g
  だし昆布 1本
  花かつお 1袋
  鶏ガラ 1羽
  しょうゆ 120cc
  みそ 大さじ1.5
  みりん 60cc


 

【作り方】
1) 煮干し、昆布、花かつおでとっただし900cc、鶏ガラでとっただし900ccを用意する。
2) ご飯はいくぶん、堅めに炊き、熱いうちにすり鉢でつぶし、ピンポン球の大きさに丸め、塩水にさっと入れる。(煮くずれないように注意して丸めること)。
3) 1)のだし汁に、しょうゆ、みそ、みりんを入れてスープを作り、鶏肉とささがきしたごぼうを入れ煮る。一煮立ちしたら、だまこ、一口大に切ったきのこ、糸こんにゃく、斜め切りしたネギ4~5cmに切ったセリを入れて出来上がり。


 

【調理のコツ】
丸めただまこを塩水に入れると煮くずれしない。ただし、あきたこまちの場合は塩水に入れなくて煮くずれしない。。
だまこもちはだし汁が決め手。昆布と鶏ガラだけで取る人もいるが、煮干しと花かつおのだしを使うことでこくのある味になる。


 


レシピ検索

サイト内で公開中のレシピを検索!