秋田牛を知る

秋田の広大で豊かな自然に囲まれ、生産者のたゆまぬ努力で育てられた黒毛和牛で、全国から高い評価を受けています。

  平成24年10月に長崎県で開催された和牛のオリンピックと言われる全国和牛能力共進会(5年に1度開催)で、秋田県の県有種雄牛「義平福」号の産子が全国第2位を獲得し、県内はもとより全国の生産者や流通関係者から大きな注目を集めています。
 秋田県は、新潟県、北海道に次いで全国で3番目に米の生産量が多く、「米の国秋田」とも言われています。現在、肉用牛の生産者や関係者で、この特徴を活かし、「米」をキーワードとした新たなブランド牛作りに取り組んでいます。
 お米を給与された牛肉は、オレイン酸が増加するというデータもあります。オレイン酸の多い牛肉は、口溶けが良くなめらかであるとともに、悪玉コレステロールを減少させると言われております。美味しく、しかも体に良い牛肉を是非ご賞味ください。

「義平福」号

秋田牛の基準について

下記の基準を満たしたお肉だけが「秋田牛」として流通します

【品種】黒毛和種 【肉質】3等級以上 【産地】最長飼養地がが秋田県 【エサ】飼料用米を一定量給与

資料について

県内の農家と契約し、秋田牛の飼料にお米を与えています。


お米を与えた牛のお肉は、通常の飼料を与えた牛のお肉よりもやわらかく、多汁性があり、旨味が強く、脂の口溶けが良いおいしい「秋田牛」になります。


●実施機関:一般社団法人 日本食品分析センター(平成26年9月)
●実施方法:お米を食べさせた牛肉2頭、従来通りの牛肉2頭で評価。 ホットプレートで焼いた牛肉をパネリスト12名で採点。

※「秋田牛」の全てがお米を食べた牛になるために、飼料用米の供給や加工の体制を調整中です。

よっしー

「秋田牛」イメージキャラクター『よっしー』

より親しみやすく、おいしいお肉を全国のみなさまにお伝えするためのキャラクターも登場しました。今後皆様のお目にかかる機会もあるかと思いますので、よろしくおねがいします。

キャラクターのコンセプト

和牛のオリンピックで、全国「第2位」を獲得したスーパー種雄牛「義平福」が モチーフです。「義平福」を筆頭として、秋田牛が全国のみなさまに もっと届くように…そんな願いが込められています。